遺贈とは何か

贈とは、遺言により財産の全部または一部を無償で譲与するものです。

一言で表現するなら「遺贈とは、遺言で財産をあげること」です。

自分が生きている間に財産を無償で人に渡すことを、贈与といいます。

これに対して、自分がすんだら財産を無償で人に渡すことを、遺贈というのです。

自分が死んでしまっては、自分の体がありませんから財産を贈与することができません。

そのため、遺言書を残して誰かが自分のかわりになって、財産を贈与することを実現してもらいます。

自分の死後、自分のかわりに財産の贈与を実現してくれる人のことを、遺言執行者といいます。


包括遺贈と特定遺贈

遺贈には、包括遺贈と特定遺贈の2種類があります。

包括遺贈とは、財産の全部または一定の割合を譲渡することです。

特定の財産を指名せず、全相続財産の何分の1という割合で渡す場合も、包括遺贈といいます。

特定遺贈とは、特定の財産を指定して譲渡することです。

たとえば、○○町○番地の土地を遺贈する、といったら特定遺贈になります。

そして遺贈の効力発生日は、相続の開始を知った日です。


財産をもらう受遺者

遺贈によって財産をもらう人のことを「受遺者」といいます。

受遺者は、血のつながりのない第三者はもちろんのこと、法定相続人もなることができます。

お腹の中にいる胎児でも、受遺者になることができます。

ただし受遺者は人間に限られますので、ペットなどの動物は受遺者になることはできません。

受遺者は、自分に遺贈される財産があることを知ったら、遺贈を承認するか放棄するかを選択できます。


債務について

遺贈で財産を譲渡される場合、包括遺贈を受けた受遺者は、包括遺贈を受けた割合において、債務を負担します。

わかりやすくいえば、相続財産の3分の1の包括遺贈を受けたのなら、相続財産に含まれる借金の3分の1も負担しなければなりません。

これに対して特定遺贈を受けた受遺者は、遺言者が債務を負担してくださいと意思表示していない限り、債務を負担することはありません。


このような相続トラブルが現実に発生してしまったら、遺産分割調停をするしか解決の方法はないでしょう。

スポンサードリンク

このページの先頭へ