相続放棄とは

産相続において、 相続財産を受け取らない手続きとしてよく利用されるのが、 「相続放棄(そうぞくほうき)」 というものです。


相続放棄の意味

「相続放棄」とは、 自分の気持ちや都合に関係なく、 すべて自動的に引き継いでしまう「相続」というものを、 いっさい関わりたくないので「放棄」する、 というものです。

相続放棄が認められると、 法律的には「相続人ではない」とされます。

したがって相続放棄をすれば、 相続財産をもらうことや、 借金の支払いをすることはありません。

今後いっさい、相続手続きに関わることはなくなります。

どんな相続手続きの協力をもとめられても、 すべて拒否することができます。


相続放棄の手続きは家庭裁判所でする

遺産相続とは法律で自動的に受け継ぐもののため、 自分が相続人ではなくなる、 相続放棄の手続きというのも、 法律でしっかりと手続きをするべきだ、 とされました。

したがってこの「相続放棄」の手続きは、 家庭裁判所というところに届け出をして認められるもの、 とされたのです。


相続放棄の期限は3ヶ月

相続放棄は、 相続することを知ってから、 3ヶ月以内に家庭裁判所に届け出ることになっています。

相続を知ってから 3ヶ月以内に相続放棄するという期限が定められたのは、 その人が相続人であるのかそうでないのか、 いつまでも確定しないと、 相続財産の売買や財産移転がすすまないからです。

相続財産の売買や財産移転がすすまないと、 お金や土地が活用されずに放置されたままとなります。

お金や土地は積極的に動かすことで経済が活性化するので、 日本の経済をなるべく発展させるために、 3ヶ月という短めの期限が設定され、 1日でも早く相続財産のお金や土地が積極的に 活用されるようにしたのです。

よって相続を知ってから3ヶ月を過ぎてしまうと、 相続放棄はできません。

この場合、相続放棄したいと思っていても、 自動的に相続したとみなされています。

※3ヶ月の考え方について多少の例外はあります。


同じ立場の相続人が全員いなくなると、相続人は他へ移動する

相続人になるためには、順番があります。

その順番は

1.子供

2.親

3.兄弟姉妹

のようになっています。

このとき「1.子供」3人が、 全員相続放棄をして相続人ではなくなったとします。

すると次は「2.親」が相続人となります。

さらに「2.親」が全員相続放棄をしてしまうと、 今度は「3.兄弟姉妹」が相続人になります。

ポイントは「同じ立場の相続人全員」が、 相続人でなくなることです。

このようなことがおきると、 相続人は他へどんどん移動していきます。

もし子供3人のうち2人だけが相続放棄をして、 子供1人は相続人として残ったとします。

このような場合は子供1人が相続人としていますので、 親と兄弟姉妹は相続人となることはできません。

子供全員が相続放棄して、 子供という立場の人間が全員いなくなってはじめて、 相続人となれる人が変わっていくことになります。


相続放棄の手続き

相続放棄の手続きには、下記の書類が必要です。

・相続放棄申述書(家庭裁判所に備え付けてある)

・収入印紙800円

・被相続人の戸籍謄本

・被相続人の住民票除票

・申立人の戸籍謄本

・申立人の住民票

・予納切手

必要書類や予納切手は裁判所によって異なりますので、申立前に裁判所にご確認ください。

必要書類が揃ったら、 相続放棄申述書に記入をして、 被相続人の最後の住所地を管轄する家庭裁判所に提出します。

数週間後に裁判所から申立人宛てに文書が届きます。

申立の事情を再確認するために、 いくつかの質問が記載されています。

質問内容・形式は裁判所によってさまざまです。

これらの質問の答えを記入し、 署名押印して裁判所に返送します。

裁判官が回答内容を見て、 問題なしと判断すれば、 数週間後に「相続放棄申述受理通知」というものが届きます。

これで相続放棄は完了です。

相続放棄について詳しくお知りになりたい方は、以下のサイトをご参照下さい。

相続放棄はどうしたらいいの

スポンサードリンク

このページの先頭へ