相続税とは何か

続税とは、亡くなった人の財産を相続人がでもらうときに、 支払わなければならない税金のことです。

遺言や死因贈与契約によって、 相続人ではない人が財産をもらう場合も、 相続税の対象となります。


相続税には「基礎控除」がある

相続税を支払うのに絶対に覚えておかなければならないことは「基礎控除」です。

基礎控除とは、残された相続財産が一定金額以下である場合には相続税を支払わなくてよい、というものです。

相続税の基礎控除の金額は、3000万円+法定相続人の人数×600万円です。

たとえば法定相続人が3人なら、3000万円+3人×600万円=4800万円となります。

基礎控除が4800万円ということは、残された相続財産が4800万円以下なら、相続税は支払わなくてよいのです。


平成27年1月1日より相続税が増税されました

平成27年1月1日より、相続税の基礎控除は下記にように変更されました。

改正後の基礎控除額→3000万円+600万円×法定相続人数

この計算方法によると、基礎控除の金額は改正前より40%縮小されることになります。

そのため、これまでは相続税など全く縁のなかった人も、相続税が関係するようになりました。

一戸建てやマンションなどを所有し、預金が2000万円ぐらいあると、相続税が発生する可能性がありますので、注意してください。


そして相続税の税率は、平成27年1月1日より以下のように変更になります。

基礎控除を超えた金額相続税率税金控除額
1000万円以下10%
3000万円以下15%50万円
5000万円以下20%200万円
1億円以下30%700万円
2億円以下40%1700万円
3億円以下45%2700万円
6億円以下50%4200万円
6億円超55%7200万円

申告する基本的な手順

相続税は、相続が発生してから10ヶ月以内に申告と納税まですまさなければなりません。

相続税を支払う方というのは、相続財産が多岐にわたっていることが多いので、相続財産の調査に時間がかかります。

そのため相続税の支払いがわかっているような方は、すぐに相続税の準備をはじめた方がよいでしょう。

1.相続財産がどれだけあるかを集計する

まずは、相続財産が全部でどれだけあるのかを把握します。

預金等はそのままの金額でよいですが、土地や建物などの不動産については路線価格で算定します。

また株式の場合、上場株式であるならすぐに計算できますが、非上場株式は計算に時間がかかりますので、早めに税理士に依頼した方がよいでしょう。

そして葬儀費用や債務など、相続財産からマイナスできるものを引き算して、相続財産を確定させます。

2.法定相続人の人数を確定させて、基礎控除の金額を算出する

基礎控除は、3000万円+法定相続人の人数×600万円です。

そのため、法定相続人の人数を確定させないと、基礎控除の金額が決まりません。

法定相続人の人数は、被相続人の戸籍謄本を出生から死亡まですべて取得して、養子等も含めて計算します。

3.相続財産から基礎控除の金額を引いて、相続税の計算をする

相続財産の金額と基礎控除の金額が決定したら、相続財産から基礎控除を引き算します。

この引き算によって相続財産がマイナスとなれば、相続税の支払い義務はありませんし、相続税の申告も必要ありません。。

もし相続財産から基礎控除を引き算してプラスとなった場合は、その金額をもとに相続税の計算します。

相続税の詳しい申告手順等は、税務署の下記HPでも確認できます。

http://www.nta.go.jp/taxanswer/sozoku/souzoku.htm


所得税や住民税の支払いと混同しない

相続税というのは、 亡くなった人の財産に課せられる税金です。

これに対し所得税や住民税というのは、 生きている間に稼いだお金にかかる税金です。

そして所得税や住民税の支払いというのは、 お金を稼いでしばらくたってから支払い通知が届きます。

このとき、 所得税や住民税の支払い通知を「相続税」の通知と勘違いしてしまい、 ウチは相続財産なんてなにもないから、 「相続税」なんて何かの間違い、 と勝手に思いこんで支払わない方がいます。

しかし亡くなった人の所得税や住民税の支払い通知を受け取ったら、 これは残された家族が支払わなければなりません。

所得税や住民税は、 本来なら生きている間に払うものなのですが、 行政の手続きの都合でどうしても支払い通知が遅れますので、 亡くなったあとも所得税と住民税の支払い通知が届いてしまうのです。

したがって遅れて届いた所得税と住民税の支払い通知は、 残された家族がきちんと支払ってください。

この遅れて届いた所得税と住民税は、 相続財産の中から支払うことができます。


「富の再分配」という考えに基づいている

相続によって多額の財産を手に入れる人は、 自分に能力がなくてもその財産を運用するなどしていけば、 ラクをしてお金を得ることができます。

そしてその財産が、また相続によって受け継がれていきます。

こうなるとお金持ちの一族は代々ずっとお金持ちのままです。

これにに対して親がお金持ちでない人は、 自分に能力がなければずっと貧乏のままです。

同じように能力がない人でも、 生まれた環境によってお金持ちになったり、 貧乏になったりするのは不公平、 という考えから相続税は作り出されたのです。

だから相続税は、 たくさんの相続財産を受け取る人だけに発生します。

親からもらう財産が少しだけの人には、 相続税はかからないようになっているのです。

スポンサードリンク

このページの先頭へ