遺産分割調停とは何か

産分割調停とは、遺産分割協議がまとまらないとき、家庭裁判所で話し合うことをいいます。

遺産分割協議は、いつまでにやらなけれればならないとう期限は定められていません。

また相続人は遺産分割協議の呼びかけに応じる義務もありません。

さらに遺産分割協議は全員の合意が必要で、多数決では決められません。

そのため一人でも遺産分割協議に合意しなかったり、遺産分割協議に参加しない相続人がいると、遺産分割協議は永遠に成立しません。

しかしそれでは遺産分割がいつまでたっても進まず、困ることがあります。

そこで遺産分割協議がまとまらないときは、家庭裁判所で話し合うということが、法律で定められました。


話し合いについて

遺産分割調停では調停委員という方が相続人全員から言い分をじっくりと聞き、 世間一般の遺産分割はではだいたいこのように決着している、 という旨の解決案が示されます。

遺産分割調停はあくまで話し合いであり、裁判ではありません。

遺産分割調停では、相続人本人の出席が義務付けられています。

弁護士にすべてをまかせて、自分は裁判所に行かなくてもよい、 ということは基本的に認められていないのです。

そして優秀な弁護士を同席させたからといって、 有利な条件で遺産分割が決着するわけでもありません。

上手に話をするほうが有利で、上手に話ができないほうが不利、ということはありません。

遺産分割調停では相続人の立場や言い分を平等に汲み取って、平等で一般的な解決案が示めされます。

また、遺産分割調停で解決できないケースもあります。

たとえば相続人の一人が財産を隠していたり、生前に財産を勝手に使い込んだりした場合などです。

この場合は、その証拠の効力を裁判で争う事になります。

このような争いを家庭裁判所で判断するのは不向きですから、 遺産分割調停がまとまらない場合は本当の裁判へ移行していくことになります。


家庭裁判所での流れ

①家庭裁判所に遺産分割調停の申し立てをする

②2週間ほどで、遺産分割調停期日のお知らせが届く

③お知らせが届いてから1ヶ月後ぐらに、第1回目の遺産分割調停が開かれる

④月1回ぐらいのペースで遺産分割調停が開かれる

⑤3、4回ぐらい遺産分割調停して、合意できれば終了

⑥合意できなければ、家庭裁判所が審判を決定する

遺産分割調停はおおむねこのような流れで進んでいきます。

遺産分割調停の方法は、お住まい近くの家庭裁判所で相談することができます。

裁判所の所在地と電話番号の一覧  http://www.courts.go.jp/map_tel/index.html

スポンサードリンク

このページの先頭へ