相続人とは

続人とは、相続財産を受け継ぐ「権利」と「義務」のある方のことをいいます。

相続財産を受け継ぐことが「権利」だけであるなら、 相続財産が不要な方は相続財産をほかっておけばよさそうですが、 相続人には相続財産を適切に管理する「義務」を負わされています。

そのため相続人となる方は、 相続財産を何も受け取るつもりがなくても、 必ず何らの形で遺産相続の手続きに関わらなければなりません。

そして誰が相続人となるかについては、 すべて法律で定められています。

誰が相続人になるかについては、 亡くなった方に近い関係の方から、 順番に相続人になるようになっています。

例えば夫が亡くなれば、奥さんと子供が相続人となります。

また子供がいなければ、親、兄弟姉妹という順番に 相続人となる方が順次変わっていきます。


亡くなられた方の夫または妻は、どんなときも相続人となる

まず、亡くなられた方(被相続人)が、 どのような家族関係であろうとも、 亡くなられた方の夫または妻は、いつも相続人となります。

夫または妻の方は、 亡くなられた方に子供がいようが親がいようが兄弟姉妹がいようが、 必ず相続人となるのです。

したがって亡くなられた方の夫または妻にあたる方は、 どんな状況であれ自動的にプラスの財産や借金を受け継いでいますから、 必ず遺産相続の手続きに参加しなければなりません。


亡くなられた方の家族は、子供→親→兄弟姉妹という順番で相続人が移動する

相続人というのは、順番があります。

その順番は次の通りです。

  • 子供
  • 兄弟姉妹

ただし夫または妻は、どんなときでも必ず相続権があります。

つまり順番が1番である子供がいるときは、 親と兄弟姉妹に絶対に相続人とはなりません。

ということは、子供と親が同時に相続人となる、 ということは絶対にないのです。

親と兄弟姉妹、子供と兄弟姉妹という組み合わせも、 絶対にありません。

相続人には、優先順位があるからです。

ということは誰が相続人となるかのパターンは、下記の7通りということになります。

①配偶者(夫または妻)と子供

②配偶者と親

③配偶者と兄弟姉妹

④配偶者のみ

⑤子供のみ

⑥親のみ

⑦兄弟姉妹のみ

上記の①~⑦は優先順位を表しています。

つまり①の方がいるときは、②から⑦の方は、 自分だけが相続人であると主張することはできないのです。

たとえば①の配偶者と子供がいる場合は、 親と兄弟姉妹は相続人にはなれませんから、 遺産相続の手続きに参加することはできません。

また⑤のように子供だけがいる場合は、 子供だけで遺産相続の手続きをすることになります。

この場合も親と兄弟姉妹は、 遺産相続の手続きに参加できないのです。

スポンサードリンク

このページの先頭へ